『へやトレ』とは

『へやトレ』とは、文字通り「自宅でできる筋力トレーニング」のことです。忙しい人を対象に「スキマ時間を活用して、いつでもできる」という点が大きなコンセプトになっています。思い立ったらその場で実践できる点や、特別な器具を使わずに自分のカラダだけ、つまり「自重」で筋肉を効率よく鍛えられること。わかりやすく言えば、初心者にとっても取り組みやすく、ちゃっかりと着実に成果につなげていける点が特長です。

しかし、本当に自分の部屋だけで本格的な筋トレなんてできるの??と疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。なかには「自宅では腹筋10回だって三日坊主で終わってしまう。絶対にムリ!」と頭から否定する人もいるかもしれません。

そのような疑問を抱いてしまう原因は2つあります。ひとつは「自分にとって本当に効果的で、かつ持続可能な方法に出会っていない」から。そして、もうひとつは「筋トレはキツい・難しいという既成概念にとらわれている」からです。
基本的に、筋肉は刺激を与えることで確実に強くなっていきます。また、体脂肪の増減は、食べた量と消費するエネルギーの引き算でしかありません。
『へやトレ』は、こうしたごくごくシンプルなカラダのメカニズムにのっとり、構築されたメソッドです。シンプルだからこそ、より効率的に、直接的に筋肉に働きかけ、効果を引き出すことができます。

もちろん、ひと口に筋肉を刺激する、エネルギーの足し引きをするといっても、そこには過去の実体験や、パーソナルなオンラインプログラム約10,000人以上の体験者から集めた実証データを元に練り上げた“戦略”があります。自宅で特別な道具も使わず、しかも1~2日おきに無理のない範囲で筋トレをするだけでOK。そんな疑いたくなるような話が、自ら実証してみたくなるリアルなメソッドとして感じていただけると思います。

強くしなやかにシェイプアップされたカラダは、なにもトップアスリートだけのものではありません。ふつうの人でもじゅうぶんに可能です。書籍「へやトレ」シリーズやオンラインプログラムをきっかけに、あなたも“自分史上最高の体型”を手に入れてみませんか?

『へやトレ』オンライン

『へやトレ』オンラインは、ご自宅にいながら
“オンラインで実践できる”パーソナルトレーニングです

※ご質問・相談、メニュー改訂など随時受付。無制限で対応いたします。

ここで『へやトレ』へのチャレンジを期待感をもって決意していただけたとしたら、とても嬉しく思います。しかし、そういった決意と同時に「本当に自分にやりきれるのだろうか?」「ちゃんと効果がでるのかな?」というような漠然とした不安も、抱えていらっしゃるのではないでしょうか。
でも安心してください。
オンラインプログラムでは、一人ひとり個別に担当トレーナーが、無理なく続けられ、かつ最大限の効果を引き出すことを目的として、オーダーメイドのメニューをお作りします。目的等はもちろんのことどの程度時間の融通が利くか、また、どのようなトレーニング環境で運動できるのかなどを最初に詳しくヒアリングさせていただいています。
部位のリクエストももちろんOKです。
メニューのメンテナンスや質問・ご相談にも無制限で対応いたします。

ですので、無駄がなく、効率的なやり方が見つかりますし、自己流のトレーニングを行うよりも確実に効果アップつながると思います。
トレーニングの継続には中だるみの時期等もやってきますが、そういった踊り場を超えるための応援指導も弊社プログラムの強みです。

まずはここから!

プログラムの内容を
わかりやすくご説明いたします

トレーナー紹介

森 俊憲

株式会社ボディクエスト代表
ボディデザイナー


大学卒業後、京セラ株式会社及びVodafone、ソフトバンクモバイルにて携帯電話の商品開発・プロダクトマネージャーを務める。会社員として働きながら、学生時にトレーニングで培った体を維持するために確立させたノウハウを世に広めるべく独立し、2007年株式会社ボディクエスト設立。
自らの実体験に基づきメソッド開発したオンライン方式のパーソナルトレーニングプログラムにて、これまでに9,000名以上への個別カウンセリングやパーソナルトレーニング指導を行う。
「ダイエットという引き算ではなく、ボディデザインという足し算の考え方を…」というコンセプトや体作りをプロジェクトマネジメント化する斬新なアプローチは能力開発分野でも評価され、企業の人材教育や自己啓発システム等にも採用される。
個人のボディデザインサポートのほか、企業向けの健康指導や各種メディア出演・企画監修等、幅広く活動中。
「へやトレ」(主婦の友社)、「読む筋トレ」(扶桑社)など著書多数。

森 和世

株式会社ボディクエスト
YOGA&エクササイズディレクター


1999年、アパレル商社を退職し、単身カナダへ渡る。
そこで様々な運動療法やヨガに会い、エクササイズが生活の一部となる。
BodyQuestでは自らが企画制作する、誰でも簡単・効果的に実践できるワークアウトコンテンツを多数提供。
スタジオやスポーツクラブなどでYOGAインストラクターとしても活躍。
一人ひとりの潜在能力を引き出すカウンセリング方式の少人数制パーソナルYOGA「YogaQuest」も主宰。
明るく丁寧な指導や、心身の一体感を重視する姿勢は高い評価を得ている。
TV・雑誌・WEBなど各種メディアでの企画監修やセミナーなどでも活躍中。

関連書籍

へやトレ(主婦の友社)

へやトレ
(主婦の友社)

Amazonで買う
へやトレ スタートBOOK(主婦の友社)

へやトレ
スタートBOOK
(主婦の友社)

Amazonで買う
へやトレ 2週間即効プログラム(主婦の友社)

へやトレ
2週間即効プログラム
(主婦の友社)

Amazonで買う
へやトレ 実践ノート(主婦の友社)

へやトレ
実践ノート
(主婦の友社)

Amazonで買う
筋トレセラピー(主婦の友社)

筋トレセラピー
(主婦の友社)

Amazonで買う
筋トレを続ける技術(池田書店)

筋トレを続ける技術
(池田書店)

Amazonで買う
森俊憲式 自重トレーニング(コスミック出版)

森俊憲式
自重トレーニング
(コスミック出版)

Amazonで買う
読む筋トレ(扶桑社)

読む筋トレ
(扶桑社)

Amazonで買う
代謝量アップ!!腹が凹む体幹トレーニング(コスミック出版)

腹が凹む
体幹トレーニング
(コスミック出版)

Amazonで買う
女子の体幹プログラム(日本文芸社)

女子の体幹プログラム
(日本文芸社)

Amazonで買う
夢をかなえる筋トレ(宝島社)

夢をかなえる筋トレ
(宝島社)

Amazonで買う
「ゆるトレ」メソッド(PHP研究所)

「ゆるトレ」メソッド
(PHP研究所)

Amazonで買う
人生を変える筋トレ(洋泉社)

人生を変える筋トレ
(洋泉社)

Amazonで買う
もっと人生を変える筋トレ(洋泉社)

もっと
人生を変える筋トレ
(洋泉社)

Amazonで買う
痩せる!自重筋トレメソッド(ファミマ・ドット・コム)

痩せる!
自重筋トレメソッド
(ファミマ・ドット・コム)

Amazonで買う
30代から始めるタフな体のつくり方(三笠書房)

30代から始める
タフな体のつくり方
(三笠書房)

Amazonで買う
体を芯からやわらげる
健康ストレッチ(永岡書店)

体を芯からやわらげる
健康ストレッチ
(永岡書店)

Amazonで買う
自宅でできるファンクショナルトレーニング(KANZEN)

ファンクショナル
トレーニング
(KANZEN)

Amazonで買う
部屋トレ肉体鍛錬術(日本文芸社)

部屋トレ
肉体鍛錬術
(日本文芸社)

Amazonで買う
体脂肪燃焼術(日本文芸社)

体脂肪燃焼術
(日本文芸社)

Amazonで買う
器具を使わない自重×自宅トレ(宝島社)

器具を使わない
自重×自宅トレ
(宝島社)

Amazonで買う
30代からはじめるトレーニング 他(日本文芸社)

30代からはじめる
トレーニング 他
(日本文芸社)

Amazonで買う
チューブ筋トレ(日本文芸社)

チューブ筋トレ
(日本文芸社)

Amazonで買う
腹やせベルト
ダイエットBOOK(宝島社)

腹やせベルト
ダイエットBOOK
(宝島社)

Amazonで買う
お腹がやせる!ベルト巻きダイエット(宝島社)

お腹がやせる!
ベルト巻きダイエット
(宝島社)

Amazonで買う
「幸せ美人」になるための5日間レッスン(日本文芸社)

「幸せ美人」になるための
5日間レッスン
(日本文芸社)

Amazonで買う
へやトレ(韓国語版)

へやトレ
(韓国語版)

へやトレ実践ノート(台湾版)

へやトレ実践ノート
(台湾版)

体を芯からやわらげる健康ストレッチ(台湾版)

体を芯からやわらげる
健康ストレッチ
(台湾版)

ゆるトレ(中国語版)

ゆるトレ
(中国語版)

これだけは知っておきたい!ウェイトコントロールの基礎知識

活動状況が手元でわかる新しいスタイルの活動量計 パルセンス

【2016.03 新機能搭載】

PULSENSEとの連携がいよいよスタートします!!

PULSENSEを活用すれば、オンラインフィットネスもさらに効果的!

普段からPULSENSEを装着して過ごすだけで、日常の活動量や運動負荷などのフィットネスログが測れます。日頃のライフスタイルの中で、効果的な運動につながるような活動量が確保できているかどうか、睡眠はコンスタントに取れているかなど、自分の行動と客観的なログデータをきちんと把握できるようになります。短いスパンではわかりにくいかもしれませんが、これが1週間、半年、1年となっていくと、その傾向がつかめてきます。

また、リアルタイムに心拍数がわかり、ワークアウトモードも搭載されていますので、トレーニング実践のレコーディングはもちろんのこと、平常時の安静時脈拍とトレーニング・エクササイズ時の心拍レベルの比較など、運動負荷についても適切にコントロールしていくことが可能です。

そして、これらのログデータをトレーナーと共有できることも大きな魅力です。「最近、頑張っていますね」、「ちょっとさぼっていませんか」などの応援もできますし、心拍数をみていくことで運動メニューや負荷設定などの詳細なアドバイスも可能になります。実践状況を基にペースを調整していくことで、確実な運動効果を得られるようになりますし、当然モチベーションも上がります。オンラインの場合、特にこういったデータの共有は大きな可能性を秘めていると考えています。